日本、USO、そして神秘的な白い王女の物語

5645x 04。 10。 2019 1リーダー

私が地球外生物という言葉に言及するとき、日本はこの点であなたを考える最初の国ではないかもしれません。 しかし、現実には、日本には奇妙でありながら、説明のつかない訪問者を伝えるまったく説得力のある物語があります。

日本は秘密に満ちた国です。 この国にはもっと珍しいモノリシックな石とピラミッドがあります。 物語の代わりに、彼は、エイリアンが海の底に隠れているといういわゆるUSO(身元不明の水中物体)を見つけましたか? この現象について詳しく説明します。

謎の女の物語

年は1803で、日本の日立県の東海岸で漁師がUSOを見つけて出荷しました。 3つの同様のテキストは、オブジェクトをUtsuro Bone(中空船)として説明しました。 しかし、この事件の最大の謎は、船で見つかった謎の女性です。

船は幅6メートル、長さ4メートル近くでした。 その構造は、金属板、棒、ガラス窓で構成されていました。 香炉のように見えると言われていました。

日本とUSO

船が岸に引き上げられたとき、伝えられるところによると、入り口が開かれ、奇妙な二次箱を手に持って、18歳から20歳の若い女性が出てきました。 西洋のサークルでは、彼女は白人の王女として言及されました。

布に身を包んだ若い女性は優しいように見えたが、認識できない言語を話した。 船の中には、特別な碑文や、寝具や絨毯と呼ばれる他のユニークな素材がありました。

ボートのシンボル

白い王女の身長は約121センチで、肌は青白い。 彼女の髪と眉は燃えるような赤く、髪の毛の端は白い毛皮の細長い糸または繊細な布で覆われていました。 これは彼女がテキストで説明された方法でしたが、未知の理由で彼女の絵は完全に異なり、説明に適合しませんでした。

海に送られた?

歴史家の柳田国野は、女性が何らかの理由で丸いボートで海に送られたと考えていました。 当時はそれほど珍しくありませんでした。 異様な外観にもかかわらず、オブジェクトは空を飛ぶことはなく、水面に浮かぶだけでした。

桃園書説と呼ばれるテキストは、白い王女が外国の外国王の娘であったかもしれないことを示しています。 おそらく彼女は結婚の約束を破り、海に追い出され、恋人の頭はその神秘的な箱に入っていたのでしょう。

状況はかなり残酷でしたが、地元の人々と謎の女は船で海に戻ることにしました。 おそらく、未知のまたは迷信への恐怖は、知っていた彼らのために語った。

モノリシック船の謎

明日香日本公園の南部はこの謎に関連しています。 神秘的な中空船を思わせる800トンのモノリシックな石が含まれています。 増田の岩船と呼ばれています。 モノリスの長さは10メートル、幅は7メートル、高さは4メートルです。

奇妙なことに、モノリスの表面には彫刻があり、未知の岩の形成プロセスを示唆しています。 モノリスには、3つの角穴が刻まれています。 多くの理論があります-例えば、それは長い間リリースされたメスダ湖の記憶です。 古代の天文観測所であるかもしれないと言う人もいれば、王室の墓であるかもしれないと言う人もいます。 しかし、そこで死体は発見されませんでした。

2017では、理論家の三上岳晴氏とGiorgio A.Tsoukalos氏がサイトを訪れました。 彼は、モノリスが神話上の日本の船スカイかもしれないと信じています。 モノリスとはどういう意味ですか? UFO? いずれにせよ、謎は別の世界のように見えます。

動画

SueneéUniverseからの本のヒント

LucBürgin:禁じられた歴史の辞書

分類された事実とAからZまでの隠された発見 トレジャーアイランドまたはについての真実 モナリザの絵画 a 最後の晩。 隠されているか意図的に改ざんされている他の多くの問題を扱っており、説得力のある写真を添えて出版物に注意深く記録されています。

LucBürgin:禁じられた歴史の辞書

同様の記事

コメントを残す