火星:鳥か火星人?

5149x 07。 07。 2019 1リーダー

火星表面でCuriosty(NASA)が撮った写真は長い丘の地平線の上に未知の光る物体を示しています。 NASAは、彼女が以前に車椅子で似たようなものを捕獲したことを認めた - 単一のケースではなかった。 これが最後に起こったのは16.06.2019でした。

主流の債権者はすぐに彼らが確かにしたという声明を思い付きました neカメラや太陽のまぶしさに欠陥があるに違いないのは、地球外(火星)や鳥かもしれません。

Curiosity Roverは2012以来火星にあり、17カメラを搭載しています。 その間、彼女はNASAが私たちを隠しているという注目と疑いを集めた写真を何枚か撮りました。 あなたは白黒写真のシリーズの上に別のオブジェクトを見ることができます。そして、それは空に動いているようです。 NASAはそれが生き物であるかもしれないという考えに抵抗します。

同様の記事

コメントを残す